S PHARMACY
カテゴリー
イベント

第17回 日本緩和医療薬学会年会

2024年5月26日、第17回日本緩和医療薬学会年会で
「在宅緩和ケアにおいて薬剤管理サマリーを活用することで切れ目のない薬物治療に貢献できた2事例」について、ポスター発表させていただきました。

昨年の第16回日本緩和医療薬学会年会で「小腸がん末期症例を通じて見えてきた在宅緩和ケアにおける課題」の1つとして、医療機関の薬剤師と薬局薬剤師の連携の強化の必要性を報告いたしました。


この度、退院時に発行される薬剤管理サマリーを活用することで、入院治療から在宅治療の移行において、切れ目のない薬物治療を実践するこでができたため、昨年の続編としてポスター発表を行いました。

当日は薬局薬剤師はじめ、病院薬剤師の先生方から多くの質問やお声がけをいただきました。
今回発表させていただきました事例が一人でも多くの患者様のためになるよう、これからもいち医療人として精進したいと思います。

                在宅推進教育課長 桑原宏昌